メーカーログイン 依頼者ログイン

依頼者ユーザ登録

(6 文字以上)

第1条 総則
本利用規約は、株式会社ナダヤ(以下「弊社」といいます。)が提供するものづくりのプラットフォームサイト「ものつく」(以下「本サイト」といいます。)の利用者が遵守すべき事項及び利用者と弊社との関係を定めるものです。また、本規約は本サイトの利用に関して生ずるすべての関係に適用されるものとし、本サイトの利用者は本利用規約の内容を十分理解した上でこれを承諾して本サイトを利用するものとし、本サイトを利用した場合には当該利用者は本利用規約を遵守することに同意したものとみなします。
第2条 定義
本利用規約の中で使用される以下の各用語は、それぞれ次の通りとします。
「本サービス」:本サイトにおいて、又は本サイトを使用して弊社が利用者に対し提供する一切のサービスの総称。
「会員」:本規約を承認し、本サイトで所定の入会登録を行い、弊社から登録の承諾を受けた個人又は法人。
「利用者」:会員又は非会員を問わず本サービスの提供を受ける個人又は法人で、本サイトの閲覧者も含みます。
「クライアント」:本サービスを通して仕事を依頼、又は依頼しようとする個人又は法人。
「メーカー」:本サービスを通じて仕事を引き受け、又は引き受けようとする個人又は法人。
「受発注者」:クライアント及びメーカーの総称。
「会員間取引」:本サービスを利用して行われるクライアントとメーカーの間において成立した契約に従ってなされる取引。
「成果物」:会員間取引によってメーカーが作成し提供したサンプル品・本生産品・デザインなどの総称。
「見積もり」:成果物に対しての報酬額をメーカーが検討し設定すること。
「納品完了連絡」:クライアントが会員間取引に基づいた成果物を受け取った旨を弊社とメーカーに伝えること。
「預託金制度」 :本サービスにおいて、クライアントが弊社に対し、預託金を収めることにより、クライアントからメーカーに対する会員間取引の報酬の支払いを担保する制度。
「機密情報」:会員が本サービスを通じて他の会員から得た、製品、技術、営業、計画、会員登録情報などに関する一切の情報。
第3条 本利用規約の範囲・変更
1.本利用規約は、弊社と本サイトの利用者との関係を定めるものとします。また、本利用規約は本サイトの利用に関して生ずる、受発注者間、会員間等、すべての関係に適用されるものとします。また、弊社は、弊社が合理的と判断した内容について、利用者への了解を得ることなく本利用規約を変更できるものとします。この場合には、変更後の利用規約の施行の日から弊社と利用者の間には変更後の利用規約に基づく権利義務関係が生じるものとします。利用規約の変更・追加により利用者に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わず、弊社は一切の責任を負いません。変更後の利用規約は本サイト上に表示・告知した施行日より効力を生じるものとし、利用者は定期的に本利用規約の内容を確認する義務を負うものとします。
2.本利用規約中、受発注者間の法律関係を定める規定については、受発注者間で別途合意がない限り、会員間取引及び受発注者間の法律関係に適用されるものとします。
3.本利用規約の変更により利用者に損害が生じた場合であっても、弊社は一切の責任を負いません。
第4条 会員登録
1. 会員登録手続は、会員となる本人(法人の場合には対外的な契約権限を有する者)が行うものとします。会員となる本人以外による会員登録は認められないものとします。
2. 会員登録手続を行う者は、真実の内容にて会員登録を行うものとします。
3. 会員登録内容に変更がある場合、会員は直ちに登録内容を修正し、常に正確な真実の情報が登録されているよう、管理・修正する責任を負います。
4. 登録した情報の内容全てについて、会員自らが責任を負うものとします。
5.同一の利用者が複数の会員登録をすることはできません。
6.会員はいかなる場合においても、会員の有する権利を第三者に譲渡・販売・貸与などの処分をすることはできません。
7.会員が本条の規定違反による損害を被った場合について弊社は一切責任を負いません。また、会員が前各項の規定に違反したことにより第三者が被った損害がある場合、会員が当該第三者に責任を負うものとし、弊社は一切の責任を負いません。
8. 会員登録できる者の条件は以下の通りとします。
(1) 満18歳以上であること。
(2) 本利用規約の全てに同意すること。
(3) 電子メールアドレスを保有していること。
(4) 既に本サービスの会員となっていないこと。
(5) 暴力団等の反社会的勢力に所属せず、これらのものと関係を有しないこと、かつ将来にわたっても該当しないこと。
9. 本サイトの利用者が以下に該当する場合、弊社は会員登録を承諾しないことができます。また、承諾・登録後であっても、以下に該当する事実が判明した場合には、承諾・登録を取り消すことができます。
(1) 会員登録の条件を満たさない、又は満たさなくなった場合。
(2) 本人以外の者による申し込みの場合。
(3) 会員登録情報に虚偽の情報、又は誤認を与える内容がある場合。
(4) 本利用規約に違反する行為を行った場合。
(5) 本サービスの提供が困難であると弊社が合理的な理由により判断した場合。
(6) その他、弊社が、当該会員の登録が不適切であると判断した場合。
10.前項によって定める処置により生じる損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。
11. 会員が退会を希望する場合は、本サイトの所定ページにより退会の手続きを行うこととします。但し、退会の手続きを行った時点で当該会員が以下の状況にある場合は退会することができません。
(1) 会員間取引の業務が終了していない場合。
(2) 会員間取引の決済手続きが完了していない場合。
第5条 本サービスの役割と取引責任について
1. 本サービスはクライアントとメーカーに向けて、取引の機会と取引に関する情報や機能を提供し、受発注者間の業務委託契約を行うためのツール及びプラットフォームです。
2. 本サービスは受発注者間の直接の事業取引となります。本サービスを利用して行う会員間取引について、弊社は当事者とはなりません。
但し、クライアントからメーカーに対する報酬の支払いについて、第6条に定めるところにより、弊社がメーカーに代わりクライアントから当該報酬を受領し、それを弊社がメーカーに引渡すものとします。メーカーは本利用規約に定める条件に従い、クライアントからの報酬を弊社が受領する権限を付与したものとみなします。
3. 本サービスを利用して締結された契約の形式は業務委託契約となります。メーカーが受託した業務内容及び遂行方法について、クライアントが具体的な指揮命令を行うことや業務の遂行場所及び時間を指定する等、クライアントが監督権限を行使することはできません。
4. 本サービスにおける会員間取引の遂行や成果物、及び受発注者の選定ついて、弊社はそれらの一切の内容の確認及び保証を行いません。またその瑕疵に関して一切の責任を負いません。
5. 会員間の連絡は、原則として本サービス内において行うものとします。
6. 会員又は過去3年以内に会員であった者は、会員又は過去3年以内に会員であった者と、本サービスを利用せずに、本サービスにおいて委託可能な内容に関する業務委託契約を締結してはならないものとします。
7. 本サービス利用する場合に必要な、情報通信機器の準備や維持、及び必要な通信費用の一切は会員側が負担するものとします。
第6条 本サービスの利用料に関する事項
1.メーカーが会員間取引に基づく成果物の製作を完了した場合に、メーカーが見積もりし提示した報酬額をクライアントはメーカーに支払うものとする。ただし、本サービス利用料として、報酬額で10万円を超える部分については報酬額の5%、報酬額が10万円以下の部分については報酬額の20%(消費税別・1円未満切り捨て)に相当する金額を、メーカーは弊社に支払うものとします。支払いの時期及び方法については預託金制度を利用するものとし、以下事項の定めに従い支払うものとします。
2.成果物の報酬額の総額が10万円以下の場合、クライアントは報酬額の全額を会員間取引の開始時に預託金制度を利用して弊社に支払うものとする。また、報酬額の総額が10万円超の場合は、報酬額の50%を会員間取引の開始時に弊社に支払うものとする。この預託金の支払いによって会員間取引の成立とし、メーカーへの発注依頼とする。
3. 報酬額の総額が10万円超の場合は、会員間取引に基づきメーカーが成果物の製作を完了した時に、クライアントは預託金制度を利用して報酬額の50%を弊社に支払うものとする。但し、会員間取引の開始後にクライアントの追加依頼や修正依頼などの事由により、受発注者が見積もりの変更を認めた場合は、その差額を会員間取引開始時の報酬額の50%に追加または減額して弊社に支払うものとする。
4. 会員間取引に基づく成果物の引き渡しが終了し、クライアントが納品完了連絡をした場合に、弊社はメーカーに対して報酬額を引き渡すものとする。ただし弊社は、当該報酬額と、メーカーの弊社に対する本サービス利用料の支払額を相殺の上、その残額を引渡すことができるものとします。
5. 会員間取引に関する金銭の支払いについては、銀行振込を利用するものとします。銀行振込時の手数料については、原則、振り込みを行う会員または弊社が負担するものとします。但し、以下本条6項、同7項で定めた場合はその限りではありません。
6.クライアントから弊社への支払い額が報酬額を上回る場合は、弊社はその差額をクライアントに返金するものとする、返金時の銀行振込手数料についてはクライアントの負担とし、弊社は振込手数料を差し引いた金額を返金するものとする。
7. 弊社からメーカーへの支払い額が報酬額からサービス利用料を差し引いた金額を上回る場合は、メーカーはその差額を弊社に返金するものとする、返金時の銀行振込手数料については弊社の負担とし、メーカーは振込手数料を差し引いた金額を返金するものとする。
8.会員間取引においてメーカーがクライアントに見積もりを提示し、支払いを請求したにも関わらず14日以上定められた金額が支払われなかった場合、受発注者間で別の定めがない限り、メーカーは会員間取引を取り消すことができます。会員間取引が取り消しになった場合、弊社が預託金として当該会員間取引の報酬額の一部または全額をクライアントから受け取っていた場合は、その預託金について本条1項に基づきサービス手数料を算出し、本条4項に基づいてメーカーに支払うものとします。
9.メーカーが会員間取引に基づいた成果物を納めているにも関わらずクライアントが納品確認連絡を行わない場合は、受発注者間で別の定めがない限り、メーカーの発送後14日の経過を持って成果物を納品完了したものとし、報酬額を支払うものとします。
10.会員間取引が成立した場合、原則としてメーカーは会員間取引に基づく成果物を製作する義務を負いますが、やむを得ずメーカーがクライアントに成果物を引き渡せない事由が発生し、クライアントが会員間取引の取消を認めた場合に、既に弊社に当該会員間取引の報酬額を預託金として支払っていた場合にはその全額を弊社はクライアントに返金するものとします。
11. 会員間取引が成立した場合、原則としてクライアントは会員間取引の取消はできません。やむを得ずクライアントが会員間取引を履行できない事由が発生し、メーカーが会員間取引の取消を認めた場合にも、クライアントは見積もりされた報酬額の全額の支払い義務を負います。また、弊社が預託金として当該会員間取引の報酬額の一部または全額をクライアントから受け取る場合、その預託金について本条1項に基づきサービス手数料を算出し、本条4項に基づいてメーカーに支払うものとします。また、クライアントに起因する事由により会員間取引が取り消しになった場合、メーカーは報酬額の一部または全額を受け取った場合でも成果物の引き渡し義務は無いものとします。
第7条 本サービスに関する知的財産権
1. 弊社が本サービスで提供する全てのテキスト・画像等に関する著作権等の一切の知的財産権は、弊社に帰属します。
2. 弊社が本サービスで提供する全てのテキスト・画像等は、著作権法、商標法等の法律により保護されています。
第8条 会員間取引の成果物に関する知的財産権及びその利用
1. 会員間取引に基づいた成果物に関する著作権などの知的財産権は、会員間取引が完了するまでの間はメーカーに帰属するものとし、会員間取引が完了した段階でクライアントに移転・帰属するものとします。但し、第三者の保有する知的財産権について第三者の許可を得た上でメーカーが成果物に利用した場合、該当する知的財産権は第三者に帰属し、クライアントに移転・帰属しないものとします。なお、会員間取引の中において別途取決めがある場合は、同取決めを優先します。
2. メーカーが提案した成果物や会員のポートフォリオに掲載されている画像、テキスト、プログラム等、本サービス上で会員が作成・登録・提供・掲載した一切の画像、テキスト、プログラム等について、弊社は、本サイトや販促物に掲載する等、弊社が本サービスの広告宣伝等のために必要と判断する利用目的に、無償で永続的に利用できるものとします。
第9条 業務委託に関する法令の遵守
会員は、本サービスにおける会員間取引において、以下の法律上の規定その他業務委託に関する法律を遵守します。
(1) 会員間取引によってメーカーに支払われる報酬について、クライアントが源泉徴収をする義務があるときは、クライアントは源泉徴収税の納付 、支払調書の交付等の義務を履行するものとします。
(2) 会員間取引が、下請代金支払遅延等防止法の対象となるときは、親事業者となるクライアントは、同法を遵守するものとします。
第10条 ID・パスワードの管理
1. 会員は、登録したID及びパスワードについて、自己の責任の下で適切に管理し、ID及びパスワードの盗用を防止する措置を自ら講じるものとします。
2. 会員は、登録したID及びパスワードについて、第三者による利用や第三者への貸与・譲渡等の行為を行ってはならないものとします。
3. ID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により被った損害は会員が責任を負うものとし、弊社はかかる会員の損害から一切免責されるものとします。
4. 会員は、ID及びパスワードの盗用や第三者による使用が判明した場合、直ちにその旨を弊社に通知し、弊社からの指示に従うものとします。
第11条 機密情報の取り扱い
1. 利用者は、本サービスを通じて会員間で連絡を取り合う場合及び弊社から会員に対して連絡を行う場合 、相手方から開示された情報については、秘密として保持し、事前に当該相手方の書面による承諾を得ることなく、第三者への開示又は漏洩をしてはならず、また、本サービスの利用及び本サービスに基づき成立した業務委託契約の履行の目的以外で使用しないものとします。
2. 利用者が本条第1項の規定に違反したことにより会員その他の第三者との間で紛争が生じたとしても、弊社は一切の責任を負わないものとし、利用者の責任と費用でこれを解決するものとします。
第12条 禁止事項
1. 本サービスの利用者が、以下に関連する行為を行うことを禁止します。利用者が以下に該当する行為を行った場合、その故意・過失であるかに関わらず弊社は違反行為とみなすことができるものとします。
(1) 弊社、他の利用者、又は第三者の商標権、著作権などの知的財産権、プライバシー権、肖像権、その他の権利を侵害する行為、また他人に経済的損害を与える行為。
(2) 特定個人の氏名・住所・電話番号・メールアドレスなど第三者が見て個人を特定できる情報を第三者に提供する行為。
(3) 本サービスを介さない仕事や支払いを行う直接取り引きやそれを勧誘する行為、または勧誘に応じる行為、および直接取引を想起させる行為。(本サービスで取引開始した会員と再度取引する場合を含みます)
(4) 弊社が事前に承認した場合を除き、業務委託以外を目的として本サービスを使用した商業活動、又はその準備を目的として本サービスを利用する行為。
(5) 報酬確定前に商品・サービス等の購入が必要な業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
(6) メーカーの承諾有無に関わらず、委託された業務の内容に対する報酬額が著しく低いと弊社が判断する金額で業務を依頼する行為、または業務を開始する行為。
(7) マルチ・ねずみ講・MLMなどの無限連鎖講及びマルチ商法、又はそれに類するもの、その恐れのあるもの、あるいは弊社が無限連鎖講及びマルチ商法、又はそれに類するもの、その恐れのあるものと判断する内容を掲載する行為.。
(8) 業務委託契約以外の契約で仕事を依頼する行為。
(9) 類似の内容の依頼を繰り返す行為。
(10) 本サービスの運営を妨害する行為。
(11) 長時間の架電、同様の問い合わせを繰り返し過度に行い、又は義務や理由のないことを強要し、弊社の業務に著しく支障を来たす行為。
(12) 上記各号の他、法令、又は本利用規約に違反する行為。公序良俗に違反する行為。その他迷惑行為。
(13) 上記各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合を含みます。)を助長する目的とした行為。
(14) その他弊社が不適当と判断した行為。
2. 利用者が前項各号に違反し、弊社、他の利用者又は第三者に対して損害を与えた場合、故意か過失かを問わず、会員は自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
3.第1項各号の内容は、本規約改定により適宜追加修正される場合があるものとし、利用者は、本サービスの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。
第13条 規約違反への対処及び違約金等
1. 弊社は、利用者の行為が本利用規約に反すると判断した場合に、弊社の判断により、当該利用者に通知なしで、本サービスの一時停止、会員登録の解除、本サービスへのアクセスを拒否等の必要な措置をとることができるものとします。
2. 前項に基づく弊社の対処に関する質問、苦情は一切受け付けなくてもよいものとします。なお、利用者は、当該措置によって被った一切の損害について、弊社に対して賠償請求を行わないものとします。
3. 利用者は、利用者が本利用規約違反等の行為を行ったことにより弊社に損害(第三者に損害が生じ、その損害について弊社が填補した場合を含む)が生じた場合、その一切の損害について、弊社に対して賠償する責任を負うものとします。
5. 利用者は、利用者が第5条第6項に違反した場合、違約金として、当該取引の報酬額に対する本サービス利用料相当額か金100万円のいずれか大きい方の金額(当該取引の報酬額に対する本サービス利用料相当額の算定が不可能な場合は、金100万円)を弊社に支払うものとします。
第14条 サイトの中断・停止・終了
1. 弊社は、システム障害及び保守、停電や火災などの天変地異、その他技術上・運営上の理由により、本サービスの提供が困難であると判断した場合、利用者への事前通知を行わず、本サービスの中断を行う場合があります。
2. 弊社は2週間前までに、会員に電子メールでの通知及び本サービスの提供を行うWebサイト上で告知を行うことにより、本サービスの停止及び終了を行うことができるものとします。
3. 弊社は、本条に基づき弊社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。
第15条 免責
1. 本サービスの利用により、利用者に生じた一切の不利益・損害について弊社は一切の責任を負いません。
2. 本サービスの利用により、他の利用者又は第三者に対し不利益・損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、弊社は一切責任を負いません。
3. 弊社は本サービス上で行われる受発注者間の取引を管理するものではなく、取引によって生じた一切の不利益・損害について一切責任を負いません。
4. 弊社は、会員の身元の保証をするものではなく、またメーカー又はクライアントが本サービス上で取引を完了することを保証するものでもありません。
第16条 準拠法・管轄裁判所
1. 本利用規約の準拠法については日本法が適用されるものとします。
2. 本サービスに関連して訴訟等の必要が生じた場合には、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

(以下余白)
令和2年8月1日作成